東京商品取引所、新システムに移行 取引時間を拡大

印刷

   東京商品取引所(TOCOM)は2016年9月20日、新しい取引システムを稼働した。日本取引所グループ(JPX)傘下で、デリバティブ(金融派生商品)取引を手がける大阪取引所の新システム「J-GATE」を共同利用する。取引の高速化に対応するとともに、取引時間を延長することで投資家の利便性を向上。商品先物市場の活性化を図る。

   新システムへの移行に伴い、日中取引はこれまでより15分早い8時45分に始まり、15時15分まで。夜間取引は16時15分に始まり、終了時間をこれまでの翌日4時から5時30分(ゴムを除く)に延長した。

   移行にあわせて、金オプションの商品設計を変更、取引時間も拡大する。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中