B1B派遣続行なら「グアム完全になくす」 朝鮮人民軍が米軍を威嚇

印刷

   北朝鮮の国営朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍参謀部は2016年9月22日付で声明を発表し、米軍がB1B戦略爆撃機を韓国に派遣したことについて「軍事的挑発行為」と非難した。声明では、米国が再びB1Bなどを派遣した際は

「われわれは挑発の本拠地であるグアムを完全に地球上からなくしてしまうであろう」

と主張。韓国についても、

「われわれが発射する懲罰の核爆弾は、青瓦台と反動統治機関が集中している同族対決の牙城であるソウルを完全に灰燼してしまうであろう」

と威嚇した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中