米軍ハリアー攻撃機が沖縄の海上で墜落 翁長知事は飛行中止求める

印刷

   米軍海兵隊のハリアー攻撃機1機が2016年9月22日昼すぎ、沖縄本島の北端から約150キロ東の海上に墜落した。パイロット1人が乗っていたが、機体から脱出して米軍ヘリで救助された。近海の船などへの被害はなかったという。

   攻撃機は嘉手納基地を離陸した後、何らかのトラブルに巻き込まれたとみられ、米軍が事故の原因を調べている。ハリアー攻撃機は、1999年も嘉手納基地で墜落する事故が起きていた。

   今回の事故について、沖縄県の翁長雄志知事はこの日、「原因究明がなされるまで同機種の飛行中止を求める」などとするコメントを出した。稲田朋美防衛相は23日の閣議後会見で、米国側に遺憾の意を伝え、原因究明と再発防止を強く申し入れたと説明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中