カナダで行方不明の邦人女性、遺体で発見 防犯カメラの男を逮捕

印刷

   カナダ西部のバンクーバーに語学留学していた古川夏好さん(30)が行方不明になっていた事件で、バンクーバー市警察は現地時間2016年9月30日、古川さんの遺体を市内の空き家で発見したと発表した。複数の国内メディアが報じた。

   報道によると、古川さんの遺体が発見されたのは28日夜。現地警察は事件に関連して、遺体を遺棄した容疑で住所不定のウィリアム・シュナイダー容疑者(48)を同日深夜に逮捕した。古川さんの連絡が途絶えた9月8日、シュナイダー容疑者が古川さんと一緒に歩いている姿がバンクーバー市内の防犯カメラに写っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中