J-CASTニュース創刊10年 「感謝の会」に300人

印刷

   J-CASTニュースを運営するジェイ・キャストは2016年10月18日、東京・内幸町の日本プレスセンターで創刊10周年の「感謝の会」を開き、約300人が出席した。

   あいさつに立ったノンフィクション作家の保阪正康さんが、ネット上の誤情報が一人歩きして正しい情報として受け止められることが多い現状を「虚像が実像化したあげく、実像が虚像化していく」「おぞましい感じがする」状態だとして、J-CASTニュースに

「このおぞましさをJ-CASTの方は、ぜひ手直ししてほしい。歴史が10年続いたというのは、その手直しの期間がまだまだあるということだと思う」

とエールを送った。

  • 「感謝の会」であいさつするノンフィクション作家の保阪正康さん
    「感謝の会」であいさつするノンフィクション作家の保阪正康さん
  • 「感謝の会」には約300人が出席した
    「感謝の会」には約300人が出席した

保阪正康さんらがエール

   このほか、テレビキャスターの安藤優子さん、作家の江上剛さん、「乗換案内」で知られるジョルダンの佐藤俊和社長があいさつに立った。

   会の冒頭、J-CASTニュースの発行人の蜷川真夫・ジェイ・キャスト代表取締役は、この10年を振り返るとともに、ブログについて「独立系ネットメディアの先駆者」と表現し、ネット掲示板やSNSも「仲間、同志」だとした。このあいさつに対して、出席していたブロガーのいしたにまさきさんは、会の終了後、

「ここなんですよねえ。J-CASTニュースの10年というのは、そういう10年だったんですよ」

と書き込むなど、「感謝の会」の様子をブログやツイッターに投稿する人も相次いだ。

   J-CASTニュースは2006年7月26日に創刊した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中