北國新聞社取締役、危険ドラッグ密輸容疑で逮捕 すでに辞任届提出

印刷

   法律で規制されている危険ドラッグ「亜硝酸イソブチル」(通称・RUSH)をアメリカから密輸したとして、石川県警は2016年10月19日、北國新聞社(金沢市)の嵯峨元(はじめ)取締役(60)を医薬品医療機器法違反などの疑いで逮捕し、発表した。

   石川県警によると、嵯峨容疑者は15年11月上旬、「RUSH」が入った小瓶を6本ずつ、2回に分けて、航空郵便で米国から密輸した疑いが持たれている。

   嵯峨容疑者は逮捕前に辞任届を提出していた。同社の坂野洋一広報部長は「誠に遺憾。辞任届の取り扱いを含めて厳正に対処したい」とのコメントを出した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中