「青森市はいじめの有無を早く示せ!」 自殺生徒写真問題で夜回り先生が一刀両断

印刷

   青森県黒石市の写真コンテスト問題は、自殺生徒が写った写真への賞取り消しが撤回されて一段落した。しかし、肝心のいじめがあったのかの原因究明はなかなか進んでいない。これに対し、あの先生がテレビ番組で一喝した。

   「とりあえず収まるところに収まった」「過ちを認める、勇気があると思う」。黒石市の実行委員会側が2016年10月19日、一転して最高賞の市長賞を授与すると発表し、高樋憲市長が会見して謝罪すると、ニュースコメント欄では、こんな意見が賛同を集めた。

  • いじめの有無はいつ示される?(写真はイメージ)
    いじめの有無はいつ示される?(写真はイメージ)

「亡くなった後もいじめられた」との声も

   今回の問題では、8月25日に自殺した青森市立浪岡中2年の葛西りまさん(当時13歳)が「黒石よされ」の踊り姿で写っていた作品が10月11日に遺族の了承を得て市長賞に内定したが、その後に高樋市長らの意見で3日後に取り消されていた。これに対し、遺族が17日、「いじめをなくすきっかけに」と、りまさんの氏名と作品の写真を公開し、黒石市には、「事なかれ主義だ」などと批判が殺到していた。

   高樋市長は19日の会見で、いったん取り消した理由について、青森市教委がいじめの調査中だったとして、「氏名や写真が公表されていない中、公の場に出すのはいいのかと考えた」と説明した。しかし、ネット上では、「なかったことにする、排除するという考えがいじめに繋がる」「葛西さんは亡くなった後もいじめられた」などと不満がくすぶっている。

   一方、そもそも青森市教委がいじめの有無をなかなか示さないことが一番おかしいと指摘する向きもあった。

   夜回り先生こと教育評論家の水谷修さんは、TBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」への20日の出演で、黒石市の市長には思いやりもあったとし、「忘れちゃいけないのは、学校は青森市」と指摘した。水谷さんは、いじめへの取り組みが不十分だとして、責められるべきは市教委であり、早急に第3者委員会で事実関係などを明らかにすべきだと訴えた。

いじめ「濃厚」としながらも結論は先に

   これまでの新聞報道によると、亡くなった葛西りまさんは、自らのスマホに遺書を残しており、「二度といじめたりしないでください」として、複数の名前を挙げている。中学1年のときから、無視されたり暴言を吐かれたりいじめを受けていたといい、16年6月には、ラインで悪口を書かれるなどしたとして、遺族が学校側に訴え、学校でも複数の生徒を指導したとしていた。

   コンテストの写真は、夏休み中の8月15日に撮影された。それからわずか9日後の始業式に出た翌日に自殺した。

   青森市教委の教育長は9月1日、いじめの可能性は濃厚だと認め、7日に第3者委を設置した。青森県警も、生徒らから事情聴取するなど捜査に乗り出している。

   しかし、ほぼ同じ時期に自殺した別の中1男子生徒については、青森県東北町教委が9月12日、「いじめがあった」と断定までしている。青森市教委は、いつになったらいじめの有無を示すのだろうか。

   市教委の指導課では、J-CASTニュースの10月20日の取材に対し、第3者委が生徒らへのアンケートをもとに調べており、今年度内にも最終報告をまとめると明らかにした。東北町に比べて遅れていることについては、SNSも調べなければならないなど状況が違うことを理由に挙げている。

   なお、賞取り消しについては、黒石市から相談などは一切受けていなかったと言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中