伊調馨選手に国民栄誉賞授与 記念品は「西陣織の帯」

印刷

   リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で五輪4連覇を成し遂げた伊調馨選手(32)に2016年10月20日、国民栄誉賞が授与された。

   伊調選手は同日首相官邸で開かれた表彰式に、父の春行さん、姉で五輪メダリストの千春さんと出席。京都・西陣織の帯を記念品として受け取った。式後の記者会見では「身の引き締まる思いが湧き上がってきた」と語った。

   伊調選手に記念品を手渡した安倍晋三首相は、「世界的な偉業を成し遂げ、深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えた」とその偉業を称えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中