給食牛乳112パック持ち帰った教諭 停職1カ月は重いか

印刷

   兵庫県たつの市の知的障がいを持つ生徒が通う県立西はりま特別支援学校の女性教諭(42)が給食で、余分に発注した牛乳とパンを生徒に与えずに自宅に持ち帰っていたとして、停職1カ月の懲戒処分を受けた。

   教諭は理由を「病弱な自分の子どもに飲ませていた」などと説明しているとされたため、ネット上の一部で同情の声も上がったが、生徒用として余分に発注したものを持ち帰っていたという。ネット上では「セコ過ぎる」「横領じゃないか」などといった批判が起きている。

  • 学校給食の牛乳を持ち帰り停職処分に(写真はイメージ)
    学校給食の牛乳を持ち帰り停職処分に(写真はイメージ)

代金約6200円は弁償

   兵庫県教育委員会にJ-CASTニュースが2016年10月26日に取材したところによれば、この教諭は16年4月から7月にかけて給食で出された200ミリリットル入りの牛乳パック計112パックとパン4個を生徒に与えず自宅に持って帰った。

   その「手口」は、教諭が担当しているクラスには牛乳が飲めない生徒が2人いて、うち一人は全く飲めなかったため、牛乳が出された日に1パックを、計56パック持ち帰った。もう一人は牛乳をゼリー状にしたものは受け付けるためそれを与えていたが、教諭はこの生徒に「飲む練習をさせるため」とし、ゼリー状のものに加え1パックを余計に給食室に発注し、その牛乳を生徒に飲ませることなく自宅に持って帰った。それが56パックで計112パックになった。

   また、月に1回パンが出る日があり、教諭は給食室に行き「生徒がお代わりを欲しがっている」とし、余分のパンをもらい、それを自宅に持ち帰った。この教諭が7月にエプロンのポケットに牛乳を入れるのを同僚が見つけ不正が発覚した。教諭は牛乳とパンの代金約6200円を弁償した。

   なぜこんなことをしたのかについて、「給食は安全な食べ物を出しているため」「病弱な自分の子どもに飲ませていた」などと語っているというが、教育委員会の担当者は教諭が語った不正の理由について、「あくまで本人の供述ですから・・・」と困惑気味だった。教諭は自分が食べ残した給食は持って帰る習慣があり、今年4月からこのクラスの担当になったのをきっかけに、

「自分が食べ残しを持って帰る延長線上、『軽い気持ち』でやっていたのだろうと考えます。しかし、こうした行為は悪質であり、重い停職処分にしました」

と説明した。

給食では、過去にもたびたび事件が...

   ネットではこのニュースが流れた当初は、貧しい教諭が給食の余り物を病弱な子供に持って帰った、という同情も起きたが、実際の手口などが分かると、

「業務上横領じゃないのか? 犯罪者は子供に学問を教える資格なし」
「学校の子供も自分の子供もどっちもダシに使うのが最悪」
「ケチって恥ずかしいな」

などといった激しい批判に変わった。

   給食に関する「事件」は、過去にもたびたび報じられている。

   東京学芸大(東京都小金井市)の付属学校2校では、女性栄養教諭が11年度から4年間にわたり、牛乳や卵、野菜など給食食材をわざと多めに発注し約170万円分の食材を持ち帰り「自分で食べた」というもの。学芸大は15年9月3日、教諭を懲戒解雇し、校長2人を訓告と厳重注意にしたと発表している。

   また、12年12月には兵庫県西宮市立の8か所の保育所で、「捨てるのはもったいない」という理由から、調理員が休んだ子どもの給食を食べていたことが発覚した。J-CASTニュースが16年10月26日に西宮市に取材したところ、

「現在は調理員の食べる分は保育所で出すものと別に作っていて、食べた人がその代金を払うという形になっています」

と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中