わらで作った「シン・ゴジラ」に新作戦 神宮外苑の死亡事故うけ、LED点灯中止

印刷

   福岡県・筑前町は2016年11月8日、神宮外苑(東京都新宿区)のイベントで起こった死亡事故をうけ、同町で展示されている人気映画「シン・ゴジラ」のオブジェについて、LED点灯を中止すると発表した。

   オブジェの目・鼻・口・胸・しっぽの部分にLED電球が埋め込まれており、日没後に点灯されていた。

  • 日没後の「わらゴジラ」(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
    日没後の「わらゴジラ」(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
  • 日没前の「わらゴジラ」(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.
    日没前の「わらゴジラ」(筑前町役場提供)(C)TOHO CO., LTD.

「来場者、周囲の安全」を第一に考えた

   筑前町の企画課によると、オブジェに埋め込まれたLED電球は11月5日、6日と点灯された。 しかし、オブジェは燃えやすいわらで作られている。8日の同町発表によると、LED電球は発火点(260度)を超えるほどの高熱にはならないと考えられるが、電気配線を使っているため、「来場者、周囲の安全」に配慮して点灯の中止を決めたという。なお、5日から行われているオブジェのライトアップは予定通り、12日まで実施するという。

   神宮外苑で行われたイベント「東京デザインウィーク」の会場で6日に起こった火災では、5歳の男の子が死亡している。

   報道によると、発火の原因はLED電球でなく、作業用の照明器具となった「白熱電球」とされている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中