「温泉」界のセンターはどこだ 初の「温泉総選挙」、結果発表

印刷

   「温泉」界のセンターをとるのは、どこだ――環境省・観光庁が後援し、官民で初めて行った「温泉総選挙2016」の結果を、主催の「日本プロジェクト」が2016年11月10日、発表した。

   全国104自治体の125温泉地から応募があった。今回発表したのは、8部門それぞれの上位5位まで(他に8個の各メディア賞も)。各部門の1位は、たとえばリフレッシュ部門では群馬県「みなかみ18湯」だった。他に、ファミリー部門は群馬県「草津温泉」、インバウンド部門は兵庫県「城崎温泉」、女子旅部門は愛媛県「道後温泉」など。

   今回は、日本温泉協会などで構成する選考委員会が評価を行った。次回以降は、一般の人による投票を行う予定。11月25日に東京都内で表彰式があり、当日は環境大臣賞も発表される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中