ヤマト運輸、残業代未払いで神奈川の支店に是正勧告

印刷

   ヤマト運輸で元従業員の男性に残業代の未払いがあったとして、男性が勤めていた支店が労働基準監督署の是正勧告を受けた。2016年11月16日に男性と弁護士らが厚生労働省で記者会見を開き、明らかにした。

   男性は神奈川県横浜市にある支店の宅配運転手で、宅配業務以外にもデータ入力作業などを行っていた。ところが宅配業務で使った端末の稼働時間分しか勤務時間として認められず、男性は一部賃金未払いとして16年8月に労基署に申告した。

   男性は記者会見で、休憩が少ない状態で働いていた、残業代を支払うよう上司に訴えたが改善されなかったなどと訴えた。ヤマト運輸はJ-CASTニュースの取材に対し、

「是正勧告を受けたのは事実です。本件の対応については代理人を通じて協議を進め ており、現時点で詳細はお伝えできません」

と話し、今後の労働環境改善については

「(是正勧告を受けた)この支店のみならず、今後全社で勤務管理のルールを守るこ とを徹底し、従業員の皆様が安心して働けるよう努めます」

とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中