作家の藤原ていさん死去、98歳、「流れる星は生きている」

印刷

   旧満州からの壮絶な引き揚げ体験を描いた「流れる星は生きている」などで知られる作家、藤原ていさんが2016年11月15日、老衰のため死去した。98歳だった。

   夫は作家の故新田次郎氏、数学者でエッセイストの藤原正彦氏は次男。

   長野県茅野市出身、諏訪高女卒。1939年に新田氏と結婚。日本統治下の旧満州(現中国東北部)へ渡った。第二次世界大戦の敗戦後、夫と離れ離れになりながら、幼い3人の子どもらを命懸けで守りながら帰国。そのときの壮絶な体験に基づく小説「流れる星は生きている」を刊行。ベストセラーとなり、映画やテレビドラマにもなった。他の著書に「わが夫新田次郎」「旅路」など。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中