浸水1メートルの津波は「死亡率100%」 危険呼びかける画像に注目

印刷

   2016年11月22日朝発生した、福島県沖を震源地とする地震に伴う津波に関連して、ツイッター上などで1枚のパネルの画像が注目を集めている。

「浸水100センチ(1メートル) 計算上の死亡率100%」
「とうてい立てない 漂流物にぶつかる 死亡する確率が高い」
  • 注目を集めているツイート(編集部で一部加工)
    注目を集めているツイート(編集部で一部加工)
  • 高知県防災マップより
    高知県防災マップより

30センチでも「歩行は難しい」

   「津波による浸水と死亡率」を示したというこの画像は、福島県いわき市内の施設に展示されていたパネルを撮影したもので、ネット上で過去にもたびたび話題になっていた。

   パネルに記載された内容の参照元は、2012年に内閣府がまとめた南海トラフ地震に備えた被害想定のデータとみられる。当時の新聞報道などによると、東日本大震災などでの被害状況などから算出した「一つの試算」だという。

   画像では、70センチでも死亡率は「71.1%」。30センチでも、死亡率こそ0.01%まで下がるが、「健康な成人なら何とか立てる」「歩行は難しい」とある。

   今回の地震による津波では、福島県・宮城県に3メートルの津波警報、青森県から伊豆諸島にかけての広い地域に1メートルの津波注意報が発令されている。そうしたことから、改めて警戒を呼び掛けるためにも、この画像が再度注目を集めたとみられる。

3メートルは「木造家屋のほとんどが全壊する」

   このほか、ツイッターでは同じような津波の浸水深に応じた危険度の目安をまとめた画像が拡散されている。

   やはり話題になっている、高知県の防災サイトに掲載されている画像では、やはり1メートルで「津波に巻き込まれるとほとんどの人が亡くなる」、さらに3メートルでは「木造家屋のほとんどが全壊する」とある。

   ツイッターでは、「津波1mとか大したことなさそう、なんて思ってる人はまずこれを見てほしい」「はやく避難してください!」といった投稿が相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中