「和製囲碁AI」vs趙・名誉名人 2勝1敗で勝ち越したのは...

印刷

   日本で開発が進む囲碁の人工知能(AI)「DeepZenGo(ディープゼンゴ)」と、トッププロ棋士の趙治勲・名誉名人(60)がハンデなしの対局を行う「囲碁電王戦」で、2016年11月23日の最終局を趙名誉名人が制し、ディープゼンゴの1勝2敗で幕を閉じた。

   ディープゼンゴは、ドワンゴや東京大学などが協力して開発を進めている囲碁AI。19日の初戦は接戦の末に趙名誉名人が勝利したが、20日の第2局はディープゼンゴが制し、AIとプロ棋士との対局で国内初勝利を挙げた。最終局は開始から約3時間でディープゼンゴが投了し、167手までで趙名誉名人が勝利した。

   趙名誉名人は対局後、「(囲碁AIが)どんどん強くなれば、僕らももっと勉強してもっと強くなればいい」などと語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中