Mステぱるるにジャニオタ「発狂」 「Sexy Zone」風磨との会話が許せない!

印刷

   年内にアイドルグループ「AKB48」からの卒業が決まっているぱるること島崎遥香さん(22)が音楽番組で、ジャニーズの「Sexy Zone(セクゾ)」のメンバーと一瞬会話を交わしただけなのにジャニオタがツイッターで「発狂」「大炎上」する騒ぎが起きた。

   ぱるるさんはジャニオタではないか、という噂がありテレビ出演時やSNSの発言がジャニオタ達に細かくチェックされるなどし、度々騒動になっている。

  • もしかしてジャニーズキラー?(2016年10月3日撮影)
    もしかしてジャニーズキラー?(2016年10月3日撮影)

「この人わざとやってるのかね?」

   テレビ朝日系「ミュージックステーション」(2016年11月18日放送)に出演し、ひな壇の最前列にいたぱるるさんは、司会のタモリさんから新曲の題名が「ハイテンション」なのに、そんなイメージがない、と突っ込まれた。指原莉乃さんはそれに対し、

「(ぱるるは)今日すっごいテンション高くて、これMAXです」

と語ると、ぱるるさんは笑顔で、

「もっと(テンション)上げていきます」

と答えた。そしてカメラはロックバンド「back number」のステージに切り替わるのだが、なぜかもう一度ぱるるさんの位置にカメラが向けられると、ぱるるさんは後ろを振り返っていて、セクゾの菊池風磨さん(21)と会話していたのだ。

   実はこのシーンの前にもセクガルをイラつかせる場面があった。セクゾがタモリさんからインタビューを受けた際に、メンバーの佐藤勝利さん(20)の真後ろに座っていたのがぱるるさん。あまり見せたことがないような幸せそうな笑顔だったため、ツイッターでは、

「この人わざとやってるのかね?」

といったつぶやきも出た。

   ジャニオタにとってぱるるさんは、何かとジャニーズのメンバーに絡んでくる、という思い込みがあり、ある意味ライバル視して嫌っている。

「#後ろ振り向いてなに喋ってたか選手権」

   ぱるるさんとジャニーズ関連でネット上でよく語られるのは、カッコいい人が好みでありテレビ番組で「TOKIO」の長瀬智也さん(38)の名前を挙げた事や、「ジャニーズJr.」の安井謙太郎さん(25)とインスタグラムで、「子供が欲しい」と書き込んだり、デートの約束のようなやり取りが行われた。

   セクゾの関連では16年2月19日放送の「Mステ」でメンバーの中島健人さん(22)の隣に座り擦り寄って行った、とか、公式インスタグラムにセクゾのポスターの写真を掲載し「確かにSexyです」とコメントしたなどと話題になった。

   こうしたことから「ジャニーズ漁りではないか?」という噂まで立った。それだけに今回の菊池さんとの会話に関しても、

「ぱるる、風磨みてたよね? みんじゃねぇーよ」
「島崎遥香 なんで風磨と喋った? 何を喋った? 卒業して風磨と熱愛でも出たら許さないから」
「ほんとにぱるるむり。 なんで風磨くんと話してたの? 普通にテレビ映ってたからね? 完全にセクガルを敵にまわしたよ」

などと「発狂」し、「大炎上」となった。

一方、ぱるるさんのファンも怒っているか、というと、そんなことはなく「ぱるる可愛ぇええええ」「ぱるるのおかげで凄く楽しかったよ」などと意に介していないようだ。一般の人にとっては、音楽番組での会話がなぜ「炎上」騒ぎになるのか分からないという人が多く、ジャニオタ達の騒動を楽しんでいるようだ。ツイッターには「#後ろ振り向いてなに喋ってたか選手権」というハッシュタグで、ぱるるさんと菊池さんとの会話の中身の予想が投稿され盛り上がっている。例えばこんなことが書かれている。

   ぱるる『私風磨くん好きです』
風磨『あ、ごめん何言ってるか聞こえねーわ』
ぱるる『......』
風磨『俺は中島が好きだから。』
健人『風磨ァ...////』

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中