道重さゆみ「暗号ブログ」リーチ 11月26日「重大発表」か

印刷

   元「モーニング娘。」リーダー、道重さゆみさん(27)のブログが「暗号」のようになっていると注目を集めていた件で、いよいよ「完成」まであと一歩のところまで来たようだ。

   ブログのタイトルの頭文字を並べると、これまでに「みちしげさゆみ さい」となっている。ファンの間では、「道重さゆみ再生」が答えだろう、と早くから期待を込めた憶測が飛び交っていた。道重さんは「卒業」後、芸能活動を休養中。今回、道重さんが新たにブログを更新。タイトル頭文字は「せ」。次が「い」ならば、予測はドンピシャリとなる。

  • 26日のブログ更新と芸能界復帰に期待が集まる(画像は2010年8月25日撮影)
    26日のブログ更新と芸能界復帰に期待が集まる(画像は2010年8月25日撮影)

更新期間が10日後、9日後、8日後...

   道重さんは、2014年11月26日にモー娘。を卒業。以降、表舞台に姿を現していない。そんな道重さんが、突如ブログを更新したのは16年10月2日。タイトルは「みなさん」だった。

   次の更新は、その10日後の10月12日(タイトルは「ちなみに...」)、以降、9日後の21日(しんごうき)、8日後・29日(げーむ)、7日後11月5日(さかな)と続いた。

   更新期間が10、9、8、7日後と「1」ずつ減っており、また、タイトル頭文字をつなげると「みちしげさ」となる。この頃には、ファンの間では、

(1)更新期間が1日ずつ短くなっている
(2)道重さんの「卒業」は11月26日で、同日は節目の日である

   などの点から推測し、16年11月26日のブログ更新が「ゴール」で、文字数から類推して「暗号」の答えは、「みちしげさゆみ さいせい」で、芸能活動再開を「節目の日」の11月26日に公表するのでは、との説が有力になっていた。J-CASTニュースでも「道重さゆみ『暗号ブログ』ファン大注目 11月26日『再生』宣言か」(11月5日配信)の記事で、こうしたファンの声を紹介していた。

   以降も「予測」通り、ブログの更新が進んでいく。(前回更新から7日後の)11月5日以降、6日後・11日(ゆうじゅうふだん)、5日後・16日(みくじ)、4日後20日(さらだ)、3日後23日(いるみねーしょん)といった具合だ。

「みちしげさゆみ さいせ...」

   そして、予測通りさらに「2日後」の11月25日、道重さんはブログを更新。タイトルは「せめてものおもい」。ここまでの頭文字を並べると、これも予測通り、「みちしげさゆみ   さいせ」となる。

   このまま進行すれば、あす(1日後)の26日に「い」を頭文字とするタイトルがつくとみられる。さらに、そのブログ内容は「道重さゆみ再生」にふさわしい、芸能活動再開になる、とも期待されている。

   最新25日ブログ(せめてものおもい)の内容は、以前紹介した「おみくじで凶だった」話の続きで、再度引いたところ「大吉!!!!」だったというもの。その日の晩御飯には、お祝い(?)なのかピザを食べたそうだ。

   ブログのコメント欄には、いよいよ「あと一文字」に迫った「暗号」解読について、

「きたきた!『せ』!」
「『せ』がきましたね。次は『い』をお待ちしております」
「あと1文字 道重さゆみ再生...楽しみにしてます」

など、暗号の「完成」を心待ちにしている声が多数寄せられている。

   果たして、あす26日は予測通りブログ更新はあるのか、そしてそのタイトル頭文字は「い」で、道重さんは芸能界復帰を宣言するのか。コメント欄には「ついに『せ』がきたね。あ~胸が痛いよ」とハラハラしている人のつぶやきも見受けられた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中