博多陥没事故現場で再び陥没 7センチ沈下もけが人なし

印刷

   2016年11月26日未明、福岡市博多区のJR博多駅近くで、市道の路面が沈下しているのを工事関係者が見つけ、110番通報した。けが人はなかった。現場は8日に大規模な陥没事故が起こった場所とほぼ同じ範囲。複数の報道によると市側は、陥没を埋め戻したセメントや土砂の重みで下部の砂層が圧縮されたのが原因との見方を示している。

   福岡市交通局によると、現場は最大7センチ程度沈下。福岡県警は深夜1時45分から周辺の交通規制を行った。

   「モニタリングの結果,車両通行の安全が確認された」として、朝5時30分に交通規制を解除。現場地下のトンネル内への土砂の流入は確認できなかったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中