EV車の市街地レースを東京誘致? 「フォーミュラE」デモ走行の本音

印刷

   電気自動車(EV)のフォーミュラレーシングカー「フォーミュラE」が2016年11月23日、東京・丸の内の公道でデモンストレーション走行を行った。日本国内でフォーミュラEがデモ走行を行うのは、15年8月の東京・六本木に続いて今回が2回目。「多くの皆さんに最先端のEV技術に触れてほしい」というのがイベントの趣旨だが、「将来的にフォーミュラEのレースを東京に誘致したい」というのがファンや関係者の本音だ。

   フォーミュラEのデモ走行は、民間団体「エコロジー&モビリティフェアin丸の内」実行委員会が主催。FIA(世界自動車連盟)主催のフォーミュラE世界選手権に出場するレーシングドライバー、ルーカス・ディ・グラッシ選手が東京・丸の内の仲通りを走行した。ただし、今回は「安全を鑑みて徐行レベルのスピード」(主催者)となったため、レース本番の迫力ある走りを見ることはできなかった。

  • 近い将来、市街地レースが東京でも開催されるかもしれない(画像はイメージ)
    近い将来、市街地レースが東京でも開催されるかもしれない(画像はイメージ)

香港、パリ、ベルリン、ニューヨーク、モントリオールなど

   デモ走行前のイベントには、元F1ドライバーの片山右京氏が登場。EV技術の進歩やフォーミュラEの魅力などについて語った。片山氏はテレビ朝日のフォーミュラEレースの解説者も務めている。

   フォーミュラE世界選手権はFIAが主催する新たなモータースポーツとして2014年に誕生。排気音や排気ガスを出さないEVの特徴を生かし、世界選手権としては史上初めて全戦市街地の公道で行われている。今シーズンは香港、パリ、ベルリン、ニューヨーク、モントリオールなど世界10都市を転戦している。

   一般公道を一時閉鎖し、クローズドコースとして使用するレースはF1モナコグランプリなどが知られるが、恒久施設としてサーキットを新設するよりも設備投資や維持費がかからず、市街地コースとなるため集客効果が高いといったメリットがある。

高周波のモーター音を響かせて走る

   フォーミュラEの時速0→100キロの加速はわずか2.9秒。「市街地のため、ストレートの長さを抑制し、トップスピードは225キロ程度に抑えられるが、公道レースはサーキットと比べて市街地を走るため、F1をはるかに上回るスピード感を期待できる」(関係者)という。

   日本国内ではテレビ朝日が予選と決勝をCSテレ朝チャンネル2で放送し、決勝ハイライトをBS朝日とテレビ朝日の地上波で放送している。排気音がないため、F1のような迫力はないものの、市街地コースを高周波のモーター音を響かせて走るフォーミュラEは、モータースポーツの世界にも新時代が到来しつつあることを予感させる。

   世界の主要都市の市街地を転戦するフォーミュラE選手権に東京が加わったとしても、少しも違和感はない。今回のイベントに「東京誘致」の文言はないが、「機会あらばフォーミュラEを東京に」とのメッセージが隠されているのは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中