国会会期、12月14日まで延長で合意 与党党首会談で

印刷

   安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表が2016年11月28日に国会内で会談し、30日までの今国会会期を12月14日まで14日間延長することで合意した。年金制度改革法案、環太平洋経済連携協定(TPP)の国会承認案などの成立を目指す方針。

   会期の延長幅をめぐっては、年金制度改革法案を確実に成立させるため、「二段階延長」を含めて12月下旬までの大幅な延長が必要だとの見方も出ていたが、14日間で決着した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中