上西小百合氏、一転して小池塾講師に意欲 「私の話は役に立つ」

印刷

   衆院議員の上西小百合氏(無所属)が小池百合子東京都知事の政治塾「希望の塾」での講義に意欲をみせている。

   これまでツイッターでは「希望の塾」というネーミングを皮肉ったり、「小池塾終わってる」と断じたこともあったが、自身も橋下徹氏が作った「維新政治塾」の出身ということもあり、小池塾が現実に動き出すようになって高い関心を持ち始めたようだ。

  • 2015年に刊行したフォト自叙伝「小百合」
    2015年に刊行したフォト自叙伝「小百合」

「当然ギャラなんかいらないから」

   上西氏は2016年11月29日、「希望の塾」事務局の中心メンバーである音喜多駿都議のインタビュー記事を引用して「小池塾生で、政治家を目指している方がいたら、この形態ではダメですね」と指摘。その上で、

「コネもないのに、なんちゃって政治塾から出馬したい人がいたら、私の話しを聞きにくるのが一番です。日本でそれを説明できるのは私しかいませんよ」

と自らをアピールした。「話したい」という思いはどんどん大きくなっていったようで、数分内には

「小池塾、番外編で私に講義させてくれないかな。テーマは『どうすれば公認もらえるか』。あれだけお金集めたんだから、それぐらいやるべきだ。当然ギャラなんかいらないから」
「わりと本気で、小池塾で講義やりたくなってきた。維新政治塾という、日本の政治史上、もっともなんちゃってな政治塾出身(卒業生の代表は私、衆議院議員の上西小百合です)の私の話しは小池塾生には役に立つ」

とも連投した。

   開塾前の9月時点では「希望の塾」という名前が候補になっていることに対し、「私も『絶望の塾』でも作ろうかっていう冗談をいいたくなるほど舐めている」と指摘。つい最近も「小池塾終わってる」とネガティブな見方を示していたが、現状では何らかの形で関わりたい思いがあるようだ。最後には「私を呼べば話題にはなるわよ」と売り込んだ。

ツイッター壁紙は自身のセクシー写真に

   こうして政治塾の存在意義を真面目に考えているかと思えば、つい数日前には、ツイッターのヘッダー(壁紙部分)を自身のセクシー写真に変更する「珍行動」もとっていた。

   写真は2015年に発売した写真集(フォト自叙伝)の1枚とみられ、胸元の大きく開いた赤いドレス姿で横たわっている。11月27日、「さすがにヘッダーどうかな。説得力ないな」とツイートし、プロフィール文に「ヘッダーは我慢してくださいね」とも書き足した。ところがすぐに削除してしまい、フォロワーから「残念です」とのコメントが届くと「土日限定です」としていた。

   ちなみに上西氏は11月12日、「なんで小池都知事の事を私が嫌いなのかぼーっと考えてみた」とツイートした上で、その答えをこう綴っていた。

「軽くわかった。小池さんは女を使うからだ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中