原爆ドームにイルミネーションは不謹慎なのか 批判に広島市が答えた

印刷

   原爆ドームの世界遺産登録から20周年を記念し、広島市は「平和の光・イルミネーション」と銘打って、ドーム周辺のライトアップを行う。木々にLED電球を取り付け、青白く幻想的な光でドームを浮かび上がらせる。

   しかし、ネットでは「観光地にして欲しくない」との批判も起こる。同市は過去に、「慰霊・鎮魂のための聖域としての静けさや雰囲気を失わせる」として、「ポケモンGO」の重要ポイント「ポケストップ」を平和記念公園から削除するよう開発元に依頼している。ポケモンGOは認められず、イルミネーションが認められる理由とは何か。

  • イルミネーションのイメージ写真(広島市提供)
    イルミネーションのイメージ写真(広島市提供)

世界遺産として登録された日12月7日に点灯

   広島市の観光政策部によると、「平和の光・イルミネーション」は原爆ドーム周辺の木々にLED電球をつけて、夜光らせるイベント。期間は16年12月7日から17年2月5日までを予定している。

   スタート日の12月7日は、原爆ドームが世界遺産として登録された日だ。登録から20周年を迎えるにあたり、「ドームの価値を世界に発信していく」意味でイベントを企画したという。

   ただ、観光政策部の担当者は「商業的なイルミネーションとは目的も内容も異なります」と強調する。

「慰霊・鎮魂の場にふさわしいものでなければなりませんので、青色を基調にした優しい光です。一般的なイルミネーションに比べると『地味』です」

   慰霊・鎮魂のシンボルである原爆ドームの価値を、もっと多くの人に知ってもらいたい。そんな願いを込めたのだという。

   しかし、イベントがマスコミ報道で紹介されると、ツイッターで

「不謹慎だろ」
「ちょっと違うと思う」
「此処だけは観光地にして欲しくない」

といった批判が寄せられた。朝日新聞電子版の12月4日付け記事は、イベントについて「慰霊の地を観光地化すること」とし、被爆者団体の「疑問の声」を伝えている。

   観光政策部の担当者は、「現時点で、被爆者団体からの直接の申し入れはありません」と明かし、

「被爆者団体のもとへ説明に行き、意見をお聞きしました。会場で実際にイルミネーションを見て頂き、アドバイスを受けたこともあります。そうした意見は反映させています。もちろん異論のある方もいらっしゃるとは思いますが、趣旨を説明してご理解頂くほかないと思っています」

と話した。

ポケモンGOは慰霊・鎮魂と「まったく関係がない」

   一方、広島市は16年7月、ポケモンGOの開発元・ナイアンティックに対し、ポケストップを平和記念公園内から削除するよう申し入れたことがある。この時の理由は「慰霊・鎮魂のための聖域としての静けさや雰囲気を失わせる」だったが、今回のイルミネーションは「聖域としての静けさや雰囲気を失わせ」ないのか。こうした質問に対し、市観光政策部の担当者は、

「そこはつながらないと思います。あちらは慰霊・鎮魂とまったく関係がありません。むしろ私どもは、人に来てもらいたいと思っているんです。来て頂くことで、被爆の実相や平和の尊さを感じてもらいたい。そのため、今回のイベントを企画しました」

と話している。

   追悼とイルミネーションといえば、神戸市が阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼するイベント「神戸ルミナリエ」を、震災と同年の1995年12月から開催している。無数のLED電球がついた巨大アーチを市内中心部に設置、夜に一斉点灯させる。関西有数のイルミネーションイベントとして定着し、16年に22回目を迎えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中