逃げ恥「巡礼旅」の恥はかき捨て 暴走ファンのヒンシュク行為

印刷

   人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)がついに最終回を迎えようとする中、番組公式サイトに「聖地巡礼」への注意喚起が掲載された。

   ファンが「逃げ恥」ロケ地のマンションを訪れ、写真撮影等を行っているというのだ。

  • 20日、いよいよ最終回を迎える(画像は「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット)
    20日、いよいよ最終回を迎える(画像は「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット)

「一般の方が生活する居住地です」

   TBSは2016年12月17日、番組サイト上で

「最近、『逃げ恥』撮影ロケ地であるマンションを訪れ、写真等を撮影したり、住居スペースに入ったりと ご迷惑をおかけするという案件が出てきております」

と報告。

「快くお貸しいただいたロケ地は、ドラマで使用されてはいますが、一般の方が生活する居住地です。そのような行為はお控えいただきますよう、お願い申し上げます」

として自粛を呼びかけた。

   脚本の野木亜紀子さんも18日、自身のツイッターで「皆さま何卒、近隣に迷惑がかからぬようお願いします」と投稿した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中