逃げ恥「巡礼旅」の恥はかき捨て 暴走ファンのヒンシュク行為

印刷

   人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)がついに最終回を迎えようとする中、番組公式サイトに「聖地巡礼」への注意喚起が掲載された。

   ファンが「逃げ恥」ロケ地のマンションを訪れ、写真撮影等を行っているというのだ。

  • 20日、いよいよ最終回を迎える(画像は「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット)
    20日、いよいよ最終回を迎える(画像は「逃げるは恥だが役に立つ」公式サイトのスクリーンショット)

「一般の方が生活する居住地です」

   TBSは2016年12月17日、番組サイト上で

「最近、『逃げ恥』撮影ロケ地であるマンションを訪れ、写真等を撮影したり、住居スペースに入ったりと ご迷惑をおかけするという案件が出てきております」

と報告。

「快くお貸しいただいたロケ地は、ドラマで使用されてはいますが、一般の方が生活する居住地です。そのような行為はお控えいただきますよう、お願い申し上げます」

として自粛を呼びかけた。

   脚本の野木亜紀子さんも18日、自身のツイッターで「皆さま何卒、近隣に迷惑がかからぬようお願いします」と投稿した。

みくり&平匡マンション「行ってきた」報告いくつも...

   「逃げ恥」は横浜を舞台にしている。作中では市内にあるさまざまなスポットが使われており、ネット上には「聖地巡礼報告」が多数上がるようになっていた。ロケ地となったバーやレストランの中には、ホームページ等で出演をPRしているところもある。

   しかし、住居となれば話は別だろう。特に、主人公の森山みくり(新垣結衣さん)と津崎平匡(星野源さん)が「契約結婚生活」を送るマンションは、「巡礼者」の間でも人気を集め、「行ってきた」報告がいくつも見つかるが、あくまで一般人も住む普通の住宅。写真撮影や住居スペース侵入はマナー違反、場合によっては法律違反だ。

   自己最高視聴率を更新し続け、「恋ダンス」ブームを作りだした同ドラマも12月20日、ついに最終回を迎える。公式サイトの注意喚起では、

「『逃げ恥』をご覧になっている皆さま、ロケ場所をお貸しいただいた地域の皆さまにも 最終回を気持ちよく、楽しんでご覧いただけることを願っております」

と結んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中