福島産限定「ポイント制」の評判 「逆効果になるのでは...」との声も

印刷

   原発事故による「風評被害」が続く福島県産の農水産物の販売促進のため、農林水産省は2017年度の予算案に、福島産食品を対象にした「ポイントキャンペーン」事業などを実施するための予算47億円を計上した。

   消費者に福島産食品を購入してもらうための施策なのだが、現地の一部の生産者のなかには、「県産食品だけを差別化するようなポイント制度の導入が、逆に『イメージダウン』に繋がるのではないか」といった不安の声をもらす人もいる。ネットでも同様の指摘が投稿されている。

  • 現地農家の声は・・・(画像はイメージ)
    現地農家の声は・・・(画像はイメージ)

「福島県産」の特設販売コーナーを設置

   2011年の東日本大震災による原発事故の発生以降、福島県が力を入れ続けているのが「食の安全確保」に関する取り組みだ。県公式サイトによれば、出荷・流通する農水産物や加工食品の放射性物質検査は16年度の4月から11月末までについては、全478品目で1万5884件を実施。その上で、検査で国の基準値を超過した品目は「市場流通していません」としている。

   一方、消費者庁が16年10月に結果を発表した意識調査によれば、「福島県産の食品購入をためらう」と答えた人は16.6%(1047人中)。2月の前回調査よりも0.9ポイント増加した。大震災から5年が経った今もなお、福島産の農水産物への風評被害は消えていない。

   こうした状況を改善するため、農水省は17年度の予算案で、福島産食品への風評被害対策を行う事業費として47億円を計上した。地元農家の支援や流通状況の実態調査など、総生産から販売まで総合的な支援を行う予定だ。

   この風評対策事業の1つとして注目を集めているのが、福島産食品限定の「ポイントキャンペーン」だ。農水省食品流通課の担当者は16年12月22日、現時点で想定している事業内容について、

「首都圏などの量販店やオンラインストアに福島産の食品だけを取り扱う特設販売コーナーを設置し、そこで商品を購入した際に、何らかの『ポイント』を利用者に付与します。そのポイントで別の商品を購入できたり、プレゼントに応募できたりするようにして、販売促進を狙うものです」

とJ-CASTニュースの取材に説明する。具体的な事業内容については「まだ検討段階」だが、今回のキャンペーンについては「福島県からの要望を踏まえたもの」とも話した。

「販売促進に繋がるように、福島県と協議していきたい」

   だが、福島県産食品の販売促進を目的としたこのポイント制度に、インターネット上では「逆効果になってしまうのでは?」と不安視する声も多く出た。ツイッターやネット掲示板には、

「福島産食品のイメージダウンになるだけじゃない?」
「いや福島県産の農産物美味しいし売りたいのはわかるけど、こういう形だと裏目に出そうな」
「あれだけ厳密な検査をして、それでも未だに福島産が不安だなんて言ってる人たちには逆効果な気も」

といった指摘が数多く見つかる。

   では、ポイント制度の導入を「当事者」である福島県内の生産者はどう考えるのか。J-CASTニュースの取材に応じた農場関係者の60代女性は26日、

「県産食品だけを特別扱いするようなことは、イメージがよくないように感じます。しっかりと検査を行っていて安全が保障されている食品なのに、こうした制度を見て『何か問題があるのかな』と考える人も出てしまいそうで。かえって、逆効果になるのではないでしょうか」

と不安気に話す。また、二本松農園(二本松市)の担当者は26日のJ-CASTニュースの取材に、

「ポイント制度自体は悪いことじゃないと思います。ただ、農家のメリットになるかどうかが不安です。過去に国や県が行った風評被害対策の中には、中間業者だけが得をして、現場の利益に全く繋がらなかったものもありましたから」

と指摘する。その上で、今回のポイント制度についても「できるだけ農家の声を聞いて、現場の利益になるキャンペーンになって欲しいと思います」としていた。

   こうした意見が現場から出ていることについて、農水省食品流通課の担当者は、

「販売促進に繋がるキャンペーンになるように、具体的な仕組みを福島県と協議していきたい」

と話していた。ツイッターなどには「ポイント目当ての購入は増えそう」と、ポイントキャンペーンに期待する声もみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中