借りる映画は「直感」で TSUTAYA「NOTジャケ借り」に話題沸騰

印刷
映画のタイトルやジャンル、監督名や出演俳優は全て秘密。作品を選ぶ手がかりになるのは、たった一言の「レビュー」だけ――

   レンタルショップ大手の「TSUTAYA(ツタヤ)」馬事公苑店(東京・世田谷区)で実施されている、こんな風変りなレンタル企画が注目を集めている。一部のレンタル作品のパッケージを隠し、あえて「どんな作品か分からない」状態で陳列したものだ。

  • 告知ポスターには「半端ない一期一会感」(画像は@ykt0217さん提供)
    告知ポスターには「半端ない一期一会感」(画像は@ykt0217さん提供)
  • 映画の内容は全く分からないが・・・(画像は@ykt0217さん提供)
    映画の内容は全く分からないが・・・(画像は@ykt0217さん提供)

「とにかくパパが強くて全員ボコボコにします」

   ツタヤ馬事公苑店では2016年10月から、『NOTジャケ借り』と題した企画を展開している。店内に張り出されたポスターでは企画の概要について、

「面白さ絶対保証の商品群からパッケージに書かれたレビューの一部分だけを手掛かりに映画を選ぶという斬新なレンタルスタイル。(略)今見たいと思う映画を、心の襞に問いかけながら『直感』でお選び下さい」

と説明。企画スペースに陳列されたレンタル作品は、いずれも映画のタイトルやジャケットなどの情報が分からないように、パッケージ全体が特製のカバーで覆われている。

   作品を借りるにあたって「唯一の情報」として提示される、特製カバーにプリントされた一言レビューも特徴的だ。実際に店頭に並んでいるカバーのうち、いくつかを紹介すると、

「とにかくパパが強くて全員ボコボコにします」
「人間の腐った部分を詰め込んだらこうなる」
「こんな友達がほしいわぁぁぁ」
「いやもうなんかとにかくいいやつなのよ」
「大切な人のためなら何をしてもええのんか?」

などといった具合だ。いずれも映画の内容が一切分からないながらも、どこかシュールで心に引っかかるフレーズとなっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中