「正月の男尊女卑」匿名日記に賛否 女性ばかりがなぜ食事の支度

印刷

   匿名で日記を投稿するサイト「はてな匿名ダイアリー」に2017年1月1日にアップされた「正月の男尊女卑」がネットで賛否両論を呼んでいる。

   女性が書いたもので、正月は父方の祖母の家に一族が集まり過ごすのが習慣だが、食事の支度をし振るまい、後片づけするのは全部女性で、それを当たり前と見なす親戚一同に腹が立つというのだ。

  • 男性はおせち料理を食べるだけ? (写真はイメージ)
    男性はおせち料理を食べるだけ? (写真はイメージ)

男性陣は手伝うことなくテレビを見ながらお酒を飲んでいる

   日記のあらましはこんな具合だ。

   祖母の家に一族が集まって過ごすのが正月の週間だが、食事や飲み会の支度、お酒をふるまい後片付けするのは全部女性で、男性陣は手伝うことなくテレビを見ながらお酒を飲んでいて、それが当たり前と思っている。兄は洗い物を拒み、なにも手伝わないことは恥ずかしくないと言う。自分は普段もたくさん仕事をし稼いでいて、家事もしている。とうとう、

「なんでしなくていいと思ってるの?恥ずかしくないの?大して稼いでもいないくせに!」

と罵ってしまったという。

   この日記は賛否両論を呼び、

「多くの一般的な女性が似たように苦しみ腹を立てていると思うが、それに気づいていない人も多かろうと思うから匿名ブログにでも書かれるのは偉大だ」

などといった賛成意見が掲示板に書き込まれた。

   一方で、この日記のコメント欄には筆者の女性に対する批判も多く書き込まれている。

「ホテルのランチバイキングが慣例」

「例外的に男より稼いでいるという女性は本当に例外であり、この話に便乗してるおばさんたちの多くは夫に依存、寄生してる虫に過ぎない。盆と正月以外は夫に依存してるのに」
    「男性は女性の本性を見抜く目を養わないと、ここにいるような被害者意識の塊の、自分の権利だけを主張する人と結婚して確実に不幸になりますよ」
    「何故いちいち男に炊事をさせたがるのだろう。料理や皿洗いなんて男でも女でもできる上に何故だか女のほうが手際がいいのだから無理に男にやらせるのはリソースの無駄遣いだ」

といったものだ。

   このほか、女性ばかりに働かせるのはよくないとし、正月の料理の提供の仕方を変えた、という報告も掲示板に出ている。

「うちはそのへん両親のほうが気を使ってるのか、1月1日に帝国ホテルでのランチバイキングってのが慣例になった。現地集合現地解散」
    「いや、別に寿司でもとればいいじゃん?うちは30人くらい人集まるけど、基本そんな感じで男女関係なく一番若いのを働かせるが」

などといったことが書き込まれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中