澤穂希、女の子出産 早くも「なでしこエース」期待

印刷

   サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の元エース、澤穂希さん(38)が第1子となる女の子を出産した。2017年1月10日、所属事務所を通じて9日の「無事出産」を伝える直筆メッセージを公表した。

   スポーツ紙など各メディア(ネット版)が報じた。出産のニュースを受け、ツイッターには祝福のコメントだけでなく、「娘さん、大きくなったら、サッカーきっとやるんだろうなぁ」などと、早くも将来の活躍を期待する声も出ている。

  • 澤穂希さん(14年6月撮影)
    澤穂希さん(14年6月撮影)

「アスリートとしての素質は生まれながら十分ある」

   澤さんは直筆メッセージの中で、

「産声を聞いた瞬間、言葉にならないほどの感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました」

などと報告。また、出産中に夫がずっと側にいてくれた事で「夫婦の絆」が深まった、とも綴っている。

   澤さんは2015年8月、元Jリーガーの辻上裕章さんとの結婚を発表し、同年末に現役を引退。16年7月に妊娠したことを公表していた。

   今回、澤さん出産のニュースが流れると、ツイッターなどネット上には、

「澤さん、おめでとう!」
「おめでとうございます」

と祝福する声が相次いで寄せられた。

   中には、澤さん夫婦がそろって元サッカー選手という事もあってか、

「娘さん、大きくなったら、サッカーきっとやるんだろうなぁ」
「生まれたお子さんは、アスリートとしての素質は生まれながら十分あると察します」

などと、赤ちゃんの将来に期待するコメントも見受けられた。

   澤さんが16年7月に妊娠を発表した際も、ツイッター上で、

「凄いサラブレッドのサッカー選手が生まれるな」
「メッシ超えるぞ、サッカークラブは要チェックや」

などと注目を集めた。こうした様子について、J-CASTニュースも「澤穂希の子供は『メッシ超えるぞ!』 妊娠報道で早くも期待大」(16年7月19日配信)で紹介していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中