月面歩いた最後の「アポロ船長」死去 ユージン・サーナン氏、82歳

印刷

   米航空宇宙局(NASA)のアポロ計画で月面に降り立った「最後」の宇宙飛行士、ユージン・サーナン氏が2017年1月16日、死去した。82歳だった。NASAが公式サイトで発表した。

   1934年、イリノイ州シカゴ生まれ。パデュー大学を卒業後、海軍パイロットとなり、63年にアポロ計画の宇宙飛行士に選抜された。66年、「ジェミニ9号」に搭乗して宇宙飛行を経験すると、69年には「アポロ10号」で月に接近し、72年12月、「アポロ17号」の船長として月面に着陸した。

   アポロ計画は17号で幕を下ろし、以降は月への有人飛行は行われていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中