便秘解消「塩水洗浄」は危険 紹介記事は次々に削除

印刷

   塩水を飲んで便秘を解消する「塩水洗浄」(ソルト・ウォーター・バッシング)。簡単なダイエット法で効果抜群だと2年ほど前から注目を集め、実践する人が増えていたが、そのやり方の説明、体験記といったネット上の記事が2017年2月上旬から次々に削除されている。

   「検証が必要」というのが理由だ。実は、「塩水洗浄」が危険で、命にもかかわるケースもあることが指摘されるようになり、昨年の医療サイト「WELQ」の閉鎖もあって、多くのネットメディアが削除しているようだ。

  • 飲んだ塩分の殆どは体内に吸収される(写真はイメージ)
    飲んだ塩分の殆どは体内に吸収される(写真はイメージ)

嘔吐や内臓出血の危険も

   「塩水洗浄」は、3年ほど前に、海外セレブの間で人気の高い「レモネードダイエット」で、歌手のビヨンセさんが10日でキロの減量に成功、アンジェリーナ・ジョリーさんもお気に入り、などと紹介されたことをきっかけに広まったとみられている。

   これは断食の一種で、「塩水洗浄」という腸内洗浄からスタートする。ミネラルウオーター1リットルに天然塩を小さじ2杯加え、血液と同じ濃度にした塩水を飲む。飲んでから約1時間後に水のような便が出てきて、これを毎朝続ける。そして、その他に特殊なレモネードドリンクや、お粥などを摂取しダイエットするというものだが、なぜか日本では「塩水洗浄」だけが主流となったようだ。

   しかし、「『ニセ医学』に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!」の著者のNATROMさんは16年9月20日付けのブログに、「『ソルトウォーターバッシング(塩水洗浄)』は危険です」という記事を掲載した。脂肪が燃えるわけではないためダイエット効果は乏しいし、1リットルの水を20分で(サイトによっては『10分以内』で)飲み干すことが推奨されているけれども、嘔吐の原因になり食道が傷つき出血する場合もある。水と食塩は体内に吸収されるし、腎臓や心臓にも負担がかかる、とした。

血液中のナトリウムが上がると、死に至る場合も

   17年2月7日になって、NHKがニュースサイトに、「News Up 塩水飲んでダイエット?あふれる『フェイク』健康情報」という記事を掲載すると、ネット上でちょっとした騒ぎが起きた。「塩水洗浄」は内臓出血などで命に関わる危険もある、と論じたからだ。

   この記事の中で、筑波大学の徳田安春客員教授は、内臓の負担が大きいだけでなく、塩分の取り過ぎで病気になってしまうし、腸内で消化を助ける菌も根こそぎ流す、と肝心のダイエット効果をきっぱり否定した。

   J-CASTニュースは17年2月10日に都内の専門医に話を聞いた。医師は開口一番、

「そんなダイエットをしているなんて信じられない。血液中のナトリウム値が上がって精神障害が起こり、下手をしたら死にますよ」

と語った。医師によると、1リットルの水に10グラムの食塩を入れて飲むと下痢をする。これは「浸透圧性下剤」を使った時と同じ症状だ。血液よりも濃度の濃い液体を飲み、腸に留めることによって水分を体内から出して便を膨らませ、その刺激によって排出を促す。しかし、液体の成分が体内に吸収されることはない。ところが食塩を使った場合は殆どが吸収されてしまう。腎臓が食塩を体外に排出する能力は3日で18グラム。排出されない食塩は体内に蓄積され続け、様々な障害が内臓などに出る、という。

「こんなおかしなダイエットはすぐに辞めること」

と医師は説明した。

   ネット上では17年2月10日夕現在も「塩水洗浄」と検索するとおびただしい数の説明文と体験記の見出しが出て来るが、その多くが削除され閲覧できなくなっている。「検証が必要」などと書いているサイトもある。NATROMさんは17年2月6日のツイッターで、16年9月20日付けのブログにアクセスが集中していると報告し、

「NHKグッジョブ!」
「事故でも起こらないと大手のマスコミは動かないかと思っていたけど、『WELQ騒動』がきっかけで少しは状況は良くなっているのかな」

などとつぶやいた。

   医療サイト「WELQ」は16年12月に不正確な記事が見つかったことで閉鎖に追い込まれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中