ANA、A380型機に「ウミガメ親子」 ホノルル線に2019年就航

印刷

   全日空(ANA)は、2017年3月6日、19年春から東京-ホノルル線に導入予定の大型旅客機、エアバスA380型機を、ウミガメの親子をデザインした特別塗装にすると発表した。

   A380は2階建ての世界最大の旅客機で、日本の航空会社が導入するのは初めて。

   ANAは、16年10月7日から11月30日にかけてデザイン案を募集し、世界中から2197作品が寄せられた。その中から、増岡千啓さんによる「ハワイの青い海でゆったりとくつろぐホヌ(ウミガメ)の親子」が大賞として選ばれた。

   ウミガメはハワイ語で「ホヌ」の愛称で親しまれ、幸福と繁栄を運ぶ神聖な生物として扱われている。乗客にも幸福が訪れるようにと願いを込め、愛称を「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU」に決めた。

  • 2019年にホノルル線に就航する「FLYING HONU」
    2019年にホノルル線に就航する「FLYING HONU」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中