同じようで実は違う3キャリアのiPhone6 通信スペックの違いからキャリア選びを考える

印刷

   日本では、とうとう2014年9月19日に発売される「iPhone6」と「iPhone6 Plus」。前モデル同様、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社が取り扱うと発表された。

   そこで気になるのがキャリア選び。同一モデルならば、どこで買っても性能は同じと思われるかもしれない。しかし、"データ通信のスペック"という観点から比較すると、実はiPhone6の性能はキャリアによって大きく違ってくる。そこで今回は、通信機能のおさらいと対応するデータ通信のスペックから3社のiPhone6を比較してみよう。

データ通信の快適性が違う「FDD-LTE」と「TD-LTE」

   LTEの電波は、各キャリアによって複数の周波数帯で運用されているが、その仕様は、大きく「FDD-LTE」と「TD-LTE」の二つに分けられる。3社ともLTEはおおむねFDD-LTE方式を採用しているが、auとソフトバンクモバイルはTD-LTEも運用。すでにソフトバンクはTD-LTEに互換性のある「AXGP」という高速回線を、auは「WiMAX2+」をそれぞれAndroidスマホ向けに用意している。いずれもiPhone6で利用できるかと思われ、こうしたカバレッジの広さが通信満足度に与える影響は高いと言える。また、100Mbpsを超える基地局の数を見ると、総務省のHPと各社の発表によるとauの3.5万件、docomoの3.9万件に対し、ソフトバンクは約6.7万件と他社に2倍近くの差をつけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中