「おじさん化」を食い止めるためには...内に巣食う煩悩の払い方を僧侶が説く

印刷

   徳間書店は、「おじさん仏教」を2016年11月22日に発売する。著者は東大卒でウェブサイト「家出空間」を立ち上げた僧侶、小池龍之介氏。

   第1部では後悔や寂しさ、家族、仕事、お金、老後といった街の中高年男性の悩みに、著者が仏道の視座から答えてくれる。第2部では仏教がおじさんを救う人生の道標となるとし、「八正道」の教えで「おじさん化」が食い止められると説く。

   過去への後悔と将来への不安に捕らわれた「おじさん」は、「今、ここ」で生きられなくなっているのだという。第3部は「ザ・おじさん」といった雰囲気の漫画家・蛭子能収氏との対談。蛭子氏の「おじさん化」した悩みが明らかになる。

   ベストセラー「おじさん図鑑」の著者で、イラストレーターのなかむらるみ氏によるおじさんイラストも多数掲載。本書に彩りを添えている。

   価格は1300円(税抜)。

  • 「おじさん世代」を仏が救済
    「おじさん世代」を仏が救済
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中