「あいずち」にもある「基本のさしすせそ」...聞き上手になる極意を知る

印刷

   文響社(東京都港区)は、「超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル」を2016年12月9日に発売する。聞き上手になるための極意「あいづち」を網羅的に紹介し、どのような場面に使うことが効果的かをつまびらかにした一冊。

  • 「超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル」
    「超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル」
  • コミュニケーション能力がない
    コミュニケーション能力がない""苦手な人が多い"などの悩みにコミット

人間関係をガラリと変える「聞く」技術

   コミュニケーション上手になれれば仕事も恋愛もうまくこなせそうだが、苦手意識を持っている人は多い。彼らは"話す"ことばかり意識しがちで抵抗感を持っている。しかし、聞き手も話し手同等に必要不可欠な存在で、現代社会では聞き上手こそ求められており、聞くことを極めれば仕事、恋愛、友人関係などの人間関係すべてが円滑に回るという。

   聞き上手になるための極意は相槌にあり、様々な相槌をシーンごとに使い分けると非常に効果的だという。論理的な解説だけでなく、具体的な使用例も紹介。心理学の実証研究などが随所に登場し、納得感を得つつ読み進められる。

   価格は1380円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中