「サラリーマン川柳」優秀100句決定、投票でベスト10を決めよう!

印刷

   第一生命保険は、第30回「サラリーマン川柳コンクール」の応募作から優秀作品100句を発表した。2017年2月13日から3月17日まで、この100句を対象に一般投票でベスト10を決める。

trend_20170210123603.jpg

応募数は20年ぶりに5万句突破

   今回の応募作品は1996年以来、20年ぶりに5万句を突破し、5万5067句だった。とくに女性の応募者が前回の2倍以上、20代以下の若年層も1.4倍増だった。

   100句に選ばれた川柳は、最近のサラリーマンの働き方の変化を描いた作品が多く、「ノー残業」や「効率化」などといった言葉を使って働く人たちの悲哀を詠った句が入選した。

   ベスト10投票は第一生命の「生涯設計デザイナー」が届ける投票用紙か、特設サイトで受け付ける。投票した人の中から抽選でプレゼントが当たる。詳しくは下記投票サイトへ。ベスト10の発表は5月下旬の予定、第一生命ホームページなどで。

   インターネットからの投票

   : http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/index.html

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中