張本氏、中田翔に初「あっぱれ」
「WBCでも結果を残せる」とお墨付き

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   球界の御意見番「張さん」こと張本勲氏(76)が2017年2月20日、日本ハムの沖縄・名護キャンプを視察し、侍ジャパンの中軸を担う日本ハムの中田翔内野手(27)に初めて「あっぱれ」を与えた。

   21日付サンケイスポーツによると、中田は「あっぱれをもらえて良かった」と大喜びだったという。

  • 辛口コメントに定評のある張本勲氏
    辛口コメントに定評のある張本勲氏

中田「ほめちぎられました」

   中田は強風にあおられる中、張本氏の眼前でフリー打撃を行った。力まない打撃フォームで31スイング中、柵越え3本。不満気だったが、張本氏に

「今日みたいに静かに打ったら、WBCでも結果を残せる。今日は5、6年見てきた中で初めて良かったね」

とほめられると、「あっぱれをもらえて良かった。ほめちぎられました」と照れ笑いを浮かべた。

「(本塁打)40~50本で3割は打てる」

とのお墨付きには、「札幌ドームはちょっと厳しいな...」と苦笑い。打席に入ってから無駄な動きがあると張本氏に指摘されて以来、心がけていた自然体のスイングが実を結んだ格好だ。中田は

「張本さんはさすが、理にかなったことを言ってくれている」

と感謝していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中