ホンダの悲願 飛行機へ本格参入

印刷

   ホンダが米国で小型ビジネスジェット機を量産し、航空機事業に本格参入する。日本の自動車メーカーが航空機事業に参入するのは初めて。ホンダにとって航空機事業への進出は、創業者・故本田宗一郎氏の悲願であり、「夢を実現する」創業精神の再現を飛行機に託す。

航空機事業への進出は、創業者・故本田宗一郎氏の悲願だった
航空機事業への進出は、創業者・故本田宗一郎氏の悲願だった

   ホンダは航空機事業を手掛ける全額出資子会社「ホンダエアクラフト」を、米ノースカロライナ州に設立、自社でエンジン、機体とも開発した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を、2010年ごろから量産する計画だ。需要が見込めない日本での販売は予定せず、米国で事業が軌道に乗った後、欧州と中国でも販売することを検討する。

価格は1機400万ドル(約4億6,000万円)程度

   ホンダエアクラフトは、開発から製造、販売を一手に手掛ける。ホンダジェットは6~7人乗りで、1機400万ドル(約4億6,000万円)程度に価格を設定している。既に機体は完成し、試験飛行を重ねており、法人、個人双方を対象に06年秋ごろから受注活動を始める。独自技術として、通常なら機体後部に置くエンジンを、左右の主翼の上面に配置した。これによって広い客室空間を確保し、高速飛行時の空気抵抗を低減させた。同型の従来機と比べ、燃費性能は3割程度向上しているという。

   米国で小型ジェット機の市場は年間200機規模といわれ、大手の米セスナ社が約50機を販売している。ビジネス拠点が広く点在する国土事情から小型ジェット機の需要は今後伸びると見られ、同様の事情で中国も有望市場と判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中