ネット取引の2割が申告漏れ 国税庁調べ

印刷

2006年10月18日に国税庁が発表した税務調査のまとめによると、インターネット上で経済取引をしている個人に対して06年6月までの1年間に行った税務調査で、前年度28億円増の143億円の申告漏れが見つかった。申告漏れ1,453件(対前年422件増)のうち約2割が所得を一切申告していなかった。通信販売や広告(アフィリエイト)などの取引で不申告のケースが目立った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中