光市母子殺害事件めぐり脅迫状相次ぐ

印刷

山口県光市の母子殺害事件の差し戻し控訴審で、被告の主任弁護人を務める安田好弘弁護士を脅す内容の文書が、銃弾のようなものとともに、朝日新聞東京本社(東京都中央区)に送りつけられていた。新聞各紙によると、千葉県内の郵便局の2007年7月5日付の消印で、7月7日に届いた。文書には「抹殺する」などと書かれていた。さらに、時事通信が7月9日報じたところによると、読売新聞東京本社(東京都千代田区)にも同様の文書が届いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中