2018年 9月 24日 (月)

デジタル一眼、ニコンが上半期シェア1位

印刷
ニコンの好調の立役者となった「D40」
ニコンの好調の立役者となった「D40」

デジタル一眼レフカメラの2007年上半期(1~6月)のメーカー別販売シェアで、ニコンキヤノンをおさえて首位に立ったことが調査会社BCNの調査で明らかになった。ニコンは06年12月に発売した入門者向けの一眼レフ「D40」が売り上げを伸ばし、販売シェアが47.5%になった。キヤノンも「EOS kiss」シリーズの10代目「デジタルX」を発売したが、販売シェアは36.5%でニコンに大きく水をあけられた。ペンタックスは6.7%、ソニーは4.5%、オリンパスは4.3%だった(BCN調べ)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中