デジタル一眼、ニコンが上半期シェア1位

印刷
ニコンの好調の立役者となった「D40」
ニコンの好調の立役者となった「D40」

デジタル一眼レフカメラの2007年上半期(1~6月)のメーカー別販売シェアで、ニコンキヤノンをおさえて首位に立ったことが調査会社BCNの調査で明らかになった。ニコンは06年12月に発売した入門者向けの一眼レフ「D40」が売り上げを伸ばし、販売シェアが47.5%になった。キヤノンも「EOS kiss」シリーズの10代目「デジタルX」を発売したが、販売シェアは36.5%でニコンに大きく水をあけられた。ペンタックスは6.7%、ソニーは4.5%、オリンパスは4.3%だった(BCN調べ)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中