赤城農相「毛包炎でした」

印刷

   赤城徳彦農水相は2007年7月24日、顔にできた「吹き出もの」は医者に「毛包炎」と診断されたと明らかにした。閣議後の記者会見で述べたもので、この日は顔にガーゼや絆創膏はなく、「ほぼ完治した」と話した。毛包炎は細菌感染などで毛穴に起きる炎症のこと。赤城農相は7月17日に顔にガーゼを張った姿で現れて話題になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中