2019年 8月 23日 (金)

アップル新OS「レパード」好調  MSからの乗り換え進む?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アップルが発売した新OS(基本ソフト)「Mac OSX Leopard(マックオーエステン・レパード)」の出足が好調だ。発売4日足らずで全世界の販売数が200万本を超え、国内のOS販売シェアでも最大手のマイクロソフト(MS)を圧倒した。これまで、Macユーザーにだけ注目されがちなアップルの新OSだが、「レパード」の投入で「MSからの乗り換え」も進んでいると、アップル側は意気揚々だ。

アップルのべースが広がってきている可能性がある

アップルの新OS「Leopard」が好調だ
アップルの新OS「Leopard」が好調だ

   調査会社のBCNは2007年11月13日、OSやパソコンの販売動向をまとめた調査結果を発表した。そこで、歴然となったのはアップルが2007年10月26日に発売した新OS「レパード」の猛烈ともいえるシェア拡大だ。

   BCNの調査によれば、07年10月のOS全体の販売本数(既存店ベース)は前年同月と比べて約2倍の水準になり、国内OS販売シェアでは10月のアップルは65.2%と、9月の17.4%から急激に伸びた。その影響で、マイクロソフトの10月シェアは28.7%で、9月の75.3%から急激に落としている。

   BCNはJ-CASTニュースに対し、「新OSとしては急激に(シェアが)立ち上がっている。Macのヘビーユザーの『買い替え』がまずある」と今回のアップルの躍進を説明する。Macユーザーのみが、MacのパソコンのOSを新しいものに入れ替えるために新OSを購入するケースが多い、ということだ。

   05年4月に当時の新OS「Tiger(タイガー)」が発売された際も、アップルのOS販売シェアは51.2%にまで躍進し、MSのシェアを抜いた。しかし、その後は新OS発売前と同様に、OSのシェアではおおよそ「8対2」とMSが断然優位であるという図式は変わらなかった。そのため、今回のアップルの躍進をMacユーザーの「買い替え」による「一時的」な現象と見る向きも少なくない。

   しかし、「レパード」の躍進は、「タイガー」の時に比べてもシェアで10ポイントも上回っていることに加え、「ピークは11月になる可能性がある」(BCN担当者)というぐらい、勢いがあるのだ。

「これまではMac OSで(MS社製の)Windows(ウインドウズ)が使えないという制限があったが、新OSではブートキャンプでMacからもWindowsが使えるようになったという点が大きい。今回のシェアは販売直後の最大瞬間風速のようなもので、アップルがMSを逆転するとは考えにくい。ただ、アップルのべースが広がってきている可能性があり、右肩上がりに伸びる可能性もある」(BCN担当者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中