2019年 8月 18日 (日)

「ニコニコ映画祭」選考で大炎上 松嶋初音ブログで謝罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   動画投稿サイト「ニコニコ動画」が行った映像コンテスト「第1回 国際ニコニコ映画祭」の大賞の映像に、「何が面白いんだ?」「暴力を助長するから削除しろ」などの批判のコメントが殺到した。その結果、一連のバッシングに悩んだ審査員の一人でタレントの松嶋初音さんが、ブログで謝罪した。

本気ともシャレとも取れる意見を交えた選考

審査の様子も「ニコニコ動画」で公開されている
審査の様子も「ニコニコ動画」で公開されている

   「第1回 国際ニコニコ映画祭」の大賞は、2007年11月25日に発表された。受賞したのは「サンタ狩り」。1分22秒の作品で、応募総数204作品の中から選ばれた。サンタの格好をした男が街を逃げ回り、全身に白タイツを纏った男性二人が追跡。サンタを捕まえると、バットのようなもので殴ったり、プロレス技をかけ、サンタの惨めな様子を写真撮影する、といった内容だ。

   最終選考で26作品が残り、手塚眞さん、ひろゆきさん、大月俊倫さんなど6人の審査員が激論の末、大賞は「サンタ狩り」に決まった。この審査の模様は「ニコニコ動画」にアップされている。審査員はコスプレ姿。かなりユルい感じで、本気ともシャレとも取れる意見を交え選考にあたっていた。意見はかなりバラバラで、大賞候補への投票も、1票から、多いものでも3票という大接戦。どれが大賞になってもおかしくなかった。ある審査員は「サンタ狩り」を大賞にすべきだとし、

「アイディアだけで一発ネタで、何の手間もかかってなくて、時間短いし、ケータイかよ?!というくらい画質も悪い。というものが賞を取れるのは、ニコニコ映画祭しかない」

   などと発言。「ニコニコ動画」を運営するニワンゴ取締役のひろゆきさんは、最後まで別の作品を押していて、

「『サンタ狩り』はノリで作れちゃう気がするんですよ。国際映画祭ですよ!台湾、マレーシアの人が、エエッー!!というのが(欲しい)」

   などと反対したが、突然、

「面白いからそれ(サンタ狩り)でいいや」

   「ニコニコ動画」に大賞としてアップされた「サンタ狩り」には、バッシングのコメントが次々にカキコまれる。

「これが大賞はねーよwつまんねーし」
「削除削除削除削除削除削除・・・」
「暴力反対暴力反対暴力反対暴力反対暴力反対・・・」
「人間としての品性疑うな。作者も審査員も」
「糞動画乙」
「カス人間」

   一番バッシングを浴びた審査員が、タレントの松嶋初音さん(20)だった。理由は審査員の中で最も「サンタ狩り」を押していたように見えたことと、審査での妙なはしゃぎっぷりだった。例えば、惜しくも大賞を逃し特別賞を受賞した「はにメーション」(埴輪のアニメーション)の賞金を決めるとき、他の特別賞が賞金5万円に対し、

「はにメーションだから、はに、82円!」

などとボケたりしたものだから、

「女仕切るなよ」
「いじめを見て気持ちいい女は黙れ!」
「もう出てくんな消えてしまえ恥さらし」
「女まじシね。マジでシね。お願いしますシね」

   と激しい攻撃にあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中