2019年 12月 16日 (月)

ケンタッキー・ゴキブリ騒動 高校生が「責任取る」と自主退学

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ケンタッキーフライドチキン(KFC)の店舗でアルバイトをしていた高校生が「店でゴキブリを揚げた」などとミクシィ日記で告白、大騒ぎになったが、この高校生が「社会的責任を取りたい」として高校を自主退学していたことがわかった。

父親と一緒に学校を訪れる

ミクシィ日記の「責任を取って」自主退学
ミクシィ日記の「責任を取って」自主退学

   発端は、高校生が2007年12月5日にミクシィに書いた日記だ。吉野家での「テラ豚丼騒動」を念頭に、

「ケン○ッキーでゴキブリ揚げてたムービー撮ればよかった」

と書き、その2ヶ月前の10月7日には

「ってかね、ゴキブリって油で揚げてもなかなか死なないんだよー」

とも書いていた。この高校生の日記が、ミクシィ利用者であれば誰でも見られる設定になっていたことから騒ぎは拡大した。KFC側は、この日記の内容を「事実無根」と全面否定。12月6日、ウェブサイト上に

「この度、弊社商品についてネット上に事実無根の書き込みがあり、お客様には、御不安・御心配をおかけしておりますが、この書き込みは事実無根のイタズラです。12月5日、書き込みを行った本人、保護者、学校関係者が来訪し、当該の書き込みは事実無根のイタズラであり深く反省していると、直接謝罪を受けました」

との文章を掲載していた。

   そんな中、この高校生が高校を自主退学していたことが分かった。高校生が在籍していた有名私立大学の付属高校(東京都千代田区)の教頭がJ-CASTニュースの確認に応じた。

   高校側は

「学内の出来事については公表していない」

としながらも、

「基本的には」

として、自主退学の事実を認めた。さらに、

「(元高校生が)『責任を取りたい』として、お父様と一緒に(学校に)いらっしゃいました」

と、退学の理由を明らかにした。一方、

「処分を検討していた矢先の自主退学だったのか」

との記者の問いに対しては

「ノーコメントとさせてください」

と、口が重かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中