「浦和レッズサポーター」の応援 有名スポーツライターが酷評

印刷

   クラブワールドカップで「世界3位」に輝いた浦和レッズ。この大会では、チームのみならず熱狂的な「浦和レッズサポーター」も「世界レベル」といった具合に報じられたりもした。しかし、スポーツライターの金子達仁さんは「浦和のサポーターにがっかりした」「チームを応援するのではなく、応援歌を歌うことが目的になっている」と酷評している。そして、浦和レッズサポータは「酷評」に大反発している。

チーム応援ではなく、応援歌を歌うのが目的

「浦和レッズについて議論する掲示板」では金子氏への批判が相次いでいる
「浦和レッズについて議論する掲示板」では金子氏への批判が相次いでいる

   スポーツライター・二宮清純さんのホームページ「スポーツコミュニケーション」に2008年1月10日、「浦和は善戦だったか?」と題された二宮さんと金子達仁さんの対談が掲載された。金子達仁さんは、スポーツ誌「Number」に多くの記事を寄せており、サッカーファンの多くが知っている有名スポーツライター。この金子さんが、2007年12月13日に行われたクラブワールドカップ準決勝の浦和レッズ対ACミラン戦を振り返って、「それにしても、僕は浦和のサポーターにがっかりしましたね」と述べているのである。

   結局この試合は、0-1で浦和レッズは破れ、ACミランはその後の決勝でも勝利し、クラブチームの「世界一」に輝いている。また、「浦和レッズサポーター」についての報道も好意的なものがほとんどで、例えば07年12月22日付け読売新聞(夕刊)の浦和担当記者が書いた記事では、

「熱狂的なサポーターを持つクラブと言えば、ボカジュニアーズ(アルゼンチン)やリバプール(イングランド)が思い浮かぶ。浦和も負けてはいないはず」

と、「浦和の応援は世界レベル」とも言わんばかりの評価をしている。
   なぜ、「浦和レッズサポーター」にがっかりしなくてはいけないのだろうか。
   金子さんのこの対談の中で、

「試合の空気を読んでほしい、と強く言いたい。0-1で負けていて、残り時間はどんどん少なくなっていく。でも、0-0の時と変わらずに歌っているわけですよ。同じ応援歌がタイムアップという絶望の瞬間にもスタジアムに鳴り響いている。こんなスタジアムでは日本のクラブは勝てないな、と思いましたね」

と「浦和レッズサポーター」について指摘。さらに、チャンスの場面でもピンチの場面でも、同じ応援歌が流れているのは日本特有の現象とした上で、

「今、チームは何をすべきなのか。サポーターはそれが全くわかっていないのかと思いますね。誤解を恐れずにいえば、チームを応援するのではなく、応援歌を歌うのが目的になっている印象を受ける。目的と手段がすりかわるのが、この国の常ですが、それがあまりにも顕著ですよ」

とまで「酷評」した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中