2019年 6月 19日 (水)

日本禁煙学会から疑問の声 タスポ導入の効果あるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   未成年者の喫煙防止を目的として、全国のたばこ自動販売機に成人識別ICカード「taspo(タスポ)」が段階的に導入されている。しかし、喫煙者からも小売店からも大不評で、効果についても日本禁煙学会から疑問の声が上がっている。いったい何のための制度なのか。

「無駄なシステム」と回答した人が55.8%

「taspo」の導入がたばこ自販機で進んでいる
「taspo」の導入がたばこ自販機で進んでいる

   たばこ自動販売機に導入される成人識別ICカード「タスポ」の申込み受付が、2008年2月1日から全国で始まった。「タスポ」は顔写真入りのカードで、ICチップ(集積回路)を内蔵。未成年の喫煙を防止するのが目的で、他人への譲渡や貸与も禁止されている。申込みには、運転免許証などの本人確認書類のコピーと顔写真が必要で、運営主体である日本たばこ協会まで郵送する必要がある。

   08年3月から8月までに順次、全国のたばこ自動販売機で導入される予定で、「タスポ」がなければ自販機でたばこを購入できなくなる。

   財務省などによれば、高校生の喫煙経験者の約8割がたばこを自動販売機で買ったとする調査をもとにした取り組み。しかし、これが全くもって大不評なのだ。

   ニュースサイトBNNが3月17日から行っているアンケート調査では、「たばこ自販機にtaspo導入、あなたの考えは?」との問いに、「無駄なシステム」と回答した人が55.8%で最も多く、次いで「未成年の喫煙防止はあまり望めない」が18.2%で、「未成年の喫煙に効果大」とした人は15.8%だった。(3月19日夕現在)

   実際に「タスポ」の効果には、首を傾げたくなるデータもある。

   日本たばこ協会は、2004年春から種子島で「タスポ」を試験導入した。しかし、鹿児島県警によれば、種子島署での未成年者の喫煙による補導人数は、導入翌年の05年で10件と導入前年から4分の1に激減したものの、06年は84件に上り、かえって補導人数が増えてしまった。

   こうなったのは、親のカードを勝手に持ち出したり、成人から借りたりしためだという指摘もあるが、日本たばこ協会の未成年者喫煙防止対策室は、

「タスポを不正に借りるなどして未成年者がタバコを自販機で購入したのは06年でたったの7件。翌年にいたっては0件になっている。効果はあると思っている」

と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中