シニア層のゲーム機所有 「3人に1人」

印刷

   ネットリサーチ事業を展開するネットエイジアが50~79歳のシニア層にテレビゲーム機の利用調査を実施したところ、3人に1人が所有していることがわかった。2008年5月8日に調査結果を発表した。

   「ゲーム機を所有している」と回答した人は33%だった。所有するゲーム機はソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション2」(22.8%)が最も多く、同「プレイステーション(PSone)」(10.0%)、任天堂「Wii」(8.6%)と続いた。

   テレビゲームで遊ぶ理由は「意外に面白いから」(65.1%)、次いで「家族と遊べ共通の話題になるから」(24.5%)、「頭のトレーニングとして」(20.8%)、「体を使えるから」(16.0%)だった。

   調査は08年4月28日~5月2日、動画リサーチサービス「リサーチTV」で実施。男女500人から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中