出産事故で脳性まひの子どもに補償金 来年から実施

印刷

   出産時の医療事故で脳性まひになった障害児を対象とした救済制度「参加医療保障制度」が2009年1月以降に生まれた子どもを対象に実施される。財団法人「日本医療機能評価機構」が08年7月14日に決めた。補償額は一時金600万円と子どもが20歳になるまで2400万円が分割して支払われて、計3000万円になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中