独身男性には寒~いクリスマス? 「恋人なし」「不景気」でホテルも…

印刷

   未婚男性に対する意識調査で、7割以上が「現在恋人がいない」と答え、「恋人はクリスマスまでに欲しくない」が5割以上にのぼることが分かった。独身男性のクリスマスに対する意識が低下し、不景気の影響も手伝ってか、クリスマスのホテルはなかなか予約で埋まらない。さらに、「今の20代のお金を使わない傾向がだんだん影響しているようだ」といった声もホテル側から聞かれ始めた。

07年は全て満室、08年の予約状況は80%

   インデックスとポイントオンは2008年11月14日、20代30代未婚男性500人を対象に行った2008年のクリスマスに対する意識調査の結果を発表した。それによれば、「現在恋人がいない」と答えた人が71.2%に上り、そのうち「クリスマスまでに恋人は欲しくない」とする人が52%にのぼった。「恋愛に対して積極的でない未婚男性の傾向が見られます」と調査では見ている。

   また、クリスマスの予定については、約2か月前の調査時点で決めている人は極めて少数で、55.8%の人が予定を決めないままクリスマスを迎えようとしていることもわかった。調査は11月6日~11月9日に携帯電話のWebアンケートで行った。

「今の20代のお金を使わない傾向が影響しているようだ」

と話すのはインターコンチネンタル東京ベイの広報担当者。08年のクリスマス、クリスマスイヴは平日ということもあり、週末とクリスマスが重なった07年に比べれば客室の予約はやや低調気味。「若者が中心のイベント」ということもあり、不景気の影響もさることながら、「若者の意識」の変化も影響しているようだ。

   ホテル阪急インターナショナルでは、07年は全て満室状態だったが、08年の予約状況は80%ほど。「平日ということもあり、動きとしては前年並み」と見ている。京王プラザホテルのクリスマスディナープランは「これまでは昨年と大きな違いはない」(同ホテル広報担当者)というが、「実感としては出足が遅いかもしれない。あと1~2週間もすれば違いが出てくるか分かるかもしれない」と見ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中