2018年 7月 22日 (日)

円急伸、90円割れ 一時は88円台に

印刷

   2008年12月12日の東京外国為替市場の米ドル円相場は、午後1時30分に1ドル90円を突破し、88円10銭のドル安円高となった。正午時点では1ドル90円台で推移していたが、米自動車のビッグ3への救済法案が米上院で廃案となったことで景気の後退懸念が高まりドル売りが進んだ。17時で、1ドル89円55銭。

   一方、ユーロ円は一時、1ユーロ122円17~24銭と円安ユーロ高に進んだが、17時には119円06銭だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中