円急伸、90円割れ 一時は88円台に

印刷

   2008年12月12日の東京外国為替市場の米ドル円相場は、午後1時30分に1ドル90円を突破し、88円10銭のドル安円高となった。正午時点では1ドル90円台で推移していたが、米自動車のビッグ3への救済法案が米上院で廃案となったことで景気の後退懸念が高まりドル売りが進んだ。17時で、1ドル89円55銭。

   一方、ユーロ円は一時、1ユーロ122円17~24銭と円安ユーロ高に進んだが、17時には119円06銭だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中